各種メモリアル商品ページへ メモリアルペンダント一覧ページへ ペットのお墓一覧ページへ
          

ペットロスを癒すには。

ペットロスで悲しい心を癒す方法とは〜行動の部分〜

何度も言いますがペットを失って傷ついた心を癒す方法に即効薬はないということを再度認識してください。
人の心、特に悲しみはすぐに無くなるという事は残念ながらありません。

悲しみを本当に癒すことが出来るのは「時間」だけなのです。

ペットロスを克服するのに必要な時間も個人によってまちまちです。あなたはペットロスで悲しみにくれていることは事実です。
しかしあなたにはいつか自分の足で立ち上がりこの悲しみを克服しなければならない時が必ずやって来るのです。 もしあなたが積極的に苦痛や悲しみを克服しようと努力するならばその時間も短縮することが出来るでしょう。

悲しみの度合いも人によって様々です。そして悲しみを急いで捨て去ることもできません。ですから悲しい気持ちを持ちながら 同時に前向きに苦痛を解決し傷ついた心を修復するための努力が必要なのです。さらにその修復する努力は「気持ちの部分」と「行動の部分」という二つの枝に分かれています。 図にしますと下のようになります。
ペットロス悲しみの解決方法
ペットロスを癒すためには上の図のように二つの過程を同時に対処していかなくてはなりません。

一つは自分が「@ペットロスであることを認識」し自分が置かれている 状況を把握することです。ペットロスとはで説明したとおり自分がペットロスであることを認識し 自分の心境が今どの状態なのかを確認する必要があります。

そしてもう一つはペットが居なくなって穴があいてしまった「A傷ついた心を修復する」過程です。 この傷ついた心を修復する過程には二つの枝があります。
「気持ちの部分」と「行動の部分」の二つでここが癒しの実践の場となります。 またこの二つの枝は同調します。行動しながら感じる。気持ちを感じながら行動する。ということになります。

ここでは修復方法の二つの枝のうち「行動の部分」を説明していきます。「行動の部分」は字のごとく体を動かすことになります。 体と心はつながっています。プラスの行動をすれば心にもいい影響が出てきます。この二つの過程でどちらかが良い方向に進んで行けば必ずペットロスは回復に向かっていきます。 とにかくあせらずに一つ一つ実行してみることをお勧めします。 またこれら紹介する悲しみの予防や克服には絶対に正しいという方法論はありませんのでそれぞれ自分で試してみてください。

  ペットの品を整理する

これには二つのパターンの人がいます。

・ペットを感じるすべての物・場所が悲しみの思いにつながってしまう人。

・もう一つはペットとの楽しかった思い出に感じられるという人です。

どちらも間違ってはいません。
人によってはそれぞれ感じ方が違いますので自分の感情にあった措置を施してください。 前者のように亡くなったペットが遊んでいたおもちゃや毎日使用していた食器など ペットの面影があるものを見ると悲しくなってしまう人は一度離れると良いでしょう。 ペットの品を整理して目に触れないところにしまっておくことです。 またペットが良く遊んでいた場所なども部屋の模様替えなどして感じなくすると良いでしょう。

次に後者の場合は首輪やオモチャなどをできるだけ目に付くところに置いてペットを思い出せる状態を保つように しておくことが大切です。このような方は次に飼ったペットに亡くなったペットの品を与えることでペットロスから救われた方も いらっしゃいます。

  日々の行動を変えてみる

人の毎日の行動パターンはある程度決まっています。いままでのあなたは朝起きてから寝るまでの間どのような行動スケジュールだったでしょうか?

例えば早朝にペットと一緒に散歩していたりまた夕方6時に食事を与えていたりと決まった時間に決まった行動をしたいたのではありませんか? ペットロスの方である決まった時間になると「抑うつ」の状態になってしまう方がいました。 その時間帯はペットと散歩をしたり触れ合う時間だったそうです。
ペットがいなくなるとその時間にぽっかりと穴が開いてしまいます。その時間になると何をしたら良いのか分からず ペットのことを思い出したり悲しんだりしたしまうのです。
このような方は日々ペットに接してきた時間を自分の趣味など楽しい時間に変えてみてください。 また1日の生活行動パターンを変えるなどして日々の行動に変化を加えてみてください。 ペットのことを忘れるぐらい楽しい時間を自分のために使ってください。そうすると 脳と体が悲しさを少しずつ忘れさせてくれます。

  思い出を書き出す

思い出を書き出すことは頭の中にあるイメージなどを目に見える物質的なものに 変えることができます。そうすることでペットとの思い出は形見という形になりあなたの心の中で一生忘れないものになります。

また記録することは自分の感情を表現することになりますのでペットロスにはとても有効な手段になります。 前述の「行動を変えること」は悲しいことから強制的に離れることで忘れる方法ですが 書き出すという行為は楽しかったことや悲しい思い出に正面から向き合い心を浄化する方法になります。 ペットとの楽しかった思い出や共に体験した辛かったことなどを 書き出してください。

・あなたにとってペットと過ごしたなかで一番楽しかった思い出はなんですか?
・あなたのペットと一緒によく遊んだのはどんなことですか?
・ペットに慰められたときは?
・ペットに言いたかった言葉は?ペットに誤りたいことは?
・ペットからもらった幸せとはあなたにとって何ですか?そのときあなたはどんな気持ちになりましたか?

などペットと一緒にすごした時間の中で楽しかったことや悲しかったことなど「心」の思うままに書き出してみてください。 いつどんな時にどんなことをしたのか?そしてその時あなたはどんな気持ちになったのかを書き出してください。
ペットに捧げた詩やペットに感謝の手紙を書くのも良いでしょう。 また逆にペットはあなたに対してどんな感情を抱いていたのかペットの身になって書き出してみてください。 悲しくなった時は書いたものを読めばペットとの思い出を再度楽しめて元気になるでしょう。

  ペットの形見

ペットへの手紙などもそうですがペットのことを思い出せる現実的な品(形見)が癒しの効果につながります。 ですから形見を作ってみるのも良いでしょう。
・ペットの写真を集めてオリジナルのアルバムにする。
・写真を引き伸ばしてパネルにする。
・ペットの写真を定期入れいつも胸に入れておく。
・ペットの刺繍を作り額に入れる
・ペットの遺灰を骨壷に収め目の見えるところに置く。
・ペットの遺灰をペンダントなどに入れて身に着ける。
・ペットの身に付けていた物を飾る。
・記念樹を植えて名前を付ける。
・実物大の石造を作る。 などです。
このように目で見てペットを思い出せる物は記念の品となり形見になります。 ペットロスの方で多くの人たちはこの方法で悲しみから立ち直り元気になっています。

 かわいがる

もしあなたが他にもペットを飼っているなら生きているペットをいっぱいかわいがってあげてください。 生きているペットの存在はあなたの大きな助けになり悲しみや苦しみから救ってくれるでしょう。 生きているペットはあなたの悲しみは知っています。また生きているペットも他のペットの死が悲しいのです。 2匹いたペットのうち1匹が亡くなると探し回ったり悲しい声を出したり時には泣いたりもします。 あなた以上に実は悲しくなっているかもしれません。そんなときは生きているペットのことをあなたが慰めてやってください。 生きているペットにも親子の死別であったり親友との別れであったりその悲しみは人間と同じですから。

 新しい友を迎える

「新しいペットを迎える」こと。
当然ペットが新しく仲間になりますからそのペットに接する時間は増えることになります。 しかしこの方法はペットロスからある程度立ち直った方への方法です。 ペットの死から間もない人には逆効果になる場合もあるので注意してください。 間もない方にとって新しいペットは死んだペットの替わりとして期待されてしまったり うとましく思ってしまうからです。
ペットロスの癒し方〜気持ちの部分〜へはこちらから→


これら紹介してきた悲しみの予防や克服は何度も言いますが絶対に正しいという方法論はありません。 それぞれご自分に合った解決方法をいろいろ試してみてください。 

 PICK UP商品!

                                                 
商品写真 商品名 商品ページ
ペットロスケア商品 メモリアルシリンダー
\4,500
納骨ができるメモリアルペンダントです。
室内用ペットのお墓 オールウェイズ ビッグタイプ
\66,000〜
自宅供養ができる室内用ペットのお墓です。
ペットの思い出をいつまでも。ペットメモリアルストーン
\9,800〜
ペットの思い出を石版に彫刻をします。