ペットロスへの家族での対処方法

各種メモリアル商品ページへ メモリアルペンダント一覧ページへ ペットのお墓一覧ページへ
          

家族の中で行うペットロスへの対処方法

家族の一員であるペットが死んでしまったら。

家族全員でコミュニケーション

今日ではペットの存在は家族の一員であると考える人がほとんどです。ペットは家族の中でも中心的な存在になっていると言っても 過言ではありません。その大切な家族を失った時の悲しみは計り知れないものがあります。 ペットの死によって夫婦、子ども、両親、一緒にいるほかのペットたちなど家族全員が深い悲しみを 体験することになります。ペットの存在は家族の中でも皆違います。時には一番の親友であったり、一緒に遊んでくれる親の代わりだったり また伴侶の場合もあることでしょう。 かかわり方が皆違うのです。ですから家族の中でもペットの死による悲しみの度合いはそれぞれ違うのです。
ペットの死によって自分が深く傷つき悲しいのにその感情を隠したり、家族の誰かがペットの死による苦痛を否定したり 軽はずみな態度は一番好ましくないことです。しかし大人は子どもの前で泣いてはいけないと思い感情を隠し込んだり、 伴侶に対して「ペットが死んだくらいで」など簡単に言ってしまったりすることが現実として非常に多いのです。 自分も家族もペットロス症候群にならないためにはこのようなことは絶対やっていけないことです。 また子どもや伴侶に対してもこのような対応はよくありません。 子どもたちは「ペットが死んでもお父さんもお母さんも悲しくないんだ。ペットは好きじゃなかったんだ。」と思ったり 夫婦であれば「私がこんなに悲しんでいるのに何故分かってくれないの?」と感じてしまうでしょう。 でも実は男性の方が威厳があるので感情表現をしなかったりするのでペットロスになる確率が高いのです。 こうなると家族の絆も危ぶまれます。すべて悪い方向に向かってしまう危険があるのです。 ですからペットの死といった不幸が訪れた時こそ家族全員でコミュニケーションを取りお互いに感情を表に 表したり相手の気持ちを酌み取ってやる事が必要なのです。

  家族の気持ちは皆同じ

前述のように思いやりの無い態度で家族に接することは絶対にやってはいけません。 ペットの死が原因で家族の絆がバラバラになってしまうからです。 大切なペットを亡くしたら家族が一丸となり団結を深めることが必要です。 ペットの死という不幸を家族全員で乗り越えることで家族の絆をいっそう強いものにしましょう。
それにはお互いの立場をいたわってやる事が大切です。 家族全員が敢えて「ペットを失って悲しいんだ。」という同じ気持ちになることです。 そうすれば悲しい家族の一人ひとりが心の支えとなって大切な役割を担います。 そして一番は家族の中で慰め合いの会議などを開くと良いです。 家族の中でも自分しか知らないようなペットの思い出や秘密など家族みんなで話し合う機会を 作るのがいいでしょう。これはペットが亡くなったときに行うお通夜でも同じことです。 亡くなったペットを囲んで思い出話をしてやると自分の気持ちも表に出せるし更に亡くなったペットもきっと喜ぶことでしょう。

  子どもたちへの対応

子どもにとってペットの存在はもしかしたら親以上かも知れません。 子どもにとってペットは友達であり、味方であり、兄弟であったりとても大切な存在だからです。 そのペットが死んだら子どもにとってどれだけショックなことになるかあなたが親なら想像が つくはずです。もしあなたも子ども時代に同じような経験をされたらお分かりでしょう。 そのとき親は子どもに対してどのような対応をしてやるべきなのでしょうか?
お子様の年齢にもよりますが言葉が分かる3歳くらいから小学生くらいまでのお子様には 親の気持ちを最初表現してやってください。あなたがペットの死をどのように感じているのかを はじめに感情表現してください。「ペットが死んでお母さん(お父さん)はとっても悲しいのよ。」と 教えてください。同じようにお子様も悲しいはずです。自分の気持ちを伝えると同時に子どものことを慰めてやってください。 もしかしたら「死」という現実に初めて直面して強いショックを受けどうしていいのか分からない状態になっているかもしれません。 そのときは優しく抱きしめてやってください。 少し落ち着いてきたら今度は「ペットが死んだ」という現実を説明しなくてはなりません。 しかし大人でさえも「死」に対しての説明は難しいことです。子どもには尚更説明は大変です。 ペットが目を閉じたまま「ずーと」起きないこと。もう二度と遊べないこと。どこに行ってしまったのかということ。 たくさんあります。生きているものはいつかは死んでいなくなるという現実を向かい合って伝えることが必要です。 そして小さいお子さまには「ペットはどこへ行ったと思う?」と聞いて想像させるといいでしょう。 ペットの居るところを連想させるとペットの死という恐怖を和らげてやることが出来るからです。
その後ペットのお葬式を家族みんなでしてやります。ペットの葬式を行うことでペットがこの世から居なくなった という現実を受け入れるためです。そして死後もペットを敬う気持ちを忘れないようにして下さい。 ペットを思い出せる品をお子様にプレゼントとして贈るのもいいかと思います。
大人よりも感受性の高い子どもたち。この子どもたちが大きくなってもペットの死がトラウマにならないように 大人は注意を払わなければいけません。親としては子どものことを長くフォローしていく責任があるのです。

  残されたペットたちへ

亡くなったペットの他にもペットが居る場合その残されたペットも悲しさを感じたり時にはショックを受けたりするのです。 ペット同士の関係がたとえ親子でなくてもまた種類が異なってもその悲しさは同じなのです。 例えば犬と猫を飼っていたとします。「犬」と「猫」という種類が全く違う動物同士でも家族の仲間を失った時の感情や行動は 同じなのです。 なぜなら残されたペットも皆同じ家族だということが分かっているからです。 残されたペットたちは寂しい感情を鳴き声で表したり亡くしたペットを探しているようにウロウロしたりします。 ペットを失った時の悲しみは人間と同じなのです。 そんな時は飼い主であるあなたが残されたペットのことを慰めてやりましょう。 亡くなったペットにしてやっていたことをしてやったり、夜は一緒に寝てやったりして今まで以上に かわいがってやりましょう。そして残されたペットに話しかけてやってください。 先に逝ってしまったペットのことを教えてやってください。ペットは人間の言葉を少なからず理解します。 死んでしまったペットのことを残されたペットは感じてくれるはずです。 ペットロスになるペットもいることを認識してください。そしてそれを癒すことが出来るのは 人間なのです。

 PICK UP商品!

                                                 
商品写真 商品名 商品ページ
ペットロスケア商品 メモリアルシリンダー
\4,500
納骨ができるメモリアルペンダントです。
室内用ペットのお墓 オールウェイズ ビッグタイプ
\66,000〜
自宅供養ができる室内用ペットのお墓です。
ペットの思い出をいつまでも。ペットメモリアルストーン
\9,800〜
ペットの思い出を石版に彫刻をします。