各種お墓商品ページへ メモリアルストーンページへ メモリーページへ         フォーエヴァーページへ         エンジェルページへ         オールウェイズページへ         オールウェイズ3寸用お墓ページへ         オールウェイズ4寸用お墓ページへ オールウェイズ5寸用お墓ページへ 各種メモリアル商品ページへ メモリアルペンダント一覧ページへ ペットのお墓一覧ページへ
          

ペットが死んだら?どうする?ペットの葬式と弔い方、供養について。

ペットが死んじゃった・・

あなたの愛するペットが死んでしまったらあなたはなにをすべきですか? あなたはどうしますか?

きっとあなたはペットがいなくなってしまったことを 嘆き悲しむことでしょう。そして心にぽっかりと大きなあなが開いたように呆然として しまいます。ペットを失った悲しみペットロスについての解説はこちらより→ペットロス症候群とは
でも亡くなったペットに最後にしてやることがあります。それはペットの葬儀とご供養です。 ペットも人間と同じように弔ってやることが必要なのです。 旅立っていったペットにありがとうと感謝の気持ちを伝えること。「天国」に送ってやること。それがペットのお葬式であったり ご供養したりすることになります。

ペットが死んでしまったら最初なにをする?

「いままでありがとう」と言ってやってください。死んでしまった状況にもよりますがペットには「ありがとう」 と感謝して冥福を祈ってやってください。
その後亡骸を旅立ちのために準備をしてやります。 熱いお湯でしぼったタオルでペットの体をきれいに拭いてやってください。それから風通しのよい ところに安置してください。死後毛の中にいたノミなどが体温の低下とともにからだから 離れていきますので大きめのバスタオルなどでくるんでやってください。そしてノミなどを 出し切ってください。その後もう一度からだをタオルで拭いてやり、棺に入れてください。 棺はダンボールでもかまいません。体の周りにはお花や生前使用していたオモチャなどを手向けてもよろしいでしょう。 しかし夏場などは死体の傷みが早いのでドライアイスなどで冷やしてください。

教えてやってください

不安なんです。「死」とは肉体から魂(心や想い)が離れてしまうことです。ペットは死後 も自分の居場所をさがし不安になっています。そして自分が「死んだ」ということに まだ気が付いていません。ですから死んだ後に魂がとどまる場所を用意してやりましょう。 「祀り家」を用意してください。「祀り家」とは木や紙でつくった犬小屋の形をしたたものです。 簡易的にダンボールの家でもよろしいかとおもいます。写真や花などをかざり、線香をともして下さい。 そして生前好きだった食べ物を供えてやってください。そしてペットの亡き骸を「祀り家」の前におき 死んだペットにはそこがしばらくの間とどまるべき場所である事と死んでしまったことを祈って教えてやってください。 これが通夜になります。

亡き骸の葬り方

さきほども述べたように「死」とは肉体と魂が離れてしまうことです。言葉は悪いですが そこにあるペットの亡き骸はセミの抜け殻とおなじで実体である「魂」は別に分かれているのです。 亡き骸を葬ることは供養とは違います。ペットを供養するということは 「魂」を養いなぐさめるということです。ですから亡き骸を愛しく思うのはわかりますが ここからは割り切って考えてください。亡き骸の葬り方はつぎのような方法が あります。

    
方法 解説
(1)区市町村の行政にお願いする。 電話で役所や保健所にお問い合わせすると地域によって 違いはありますが処分してくれます。法的にはごみとして扱われます。
※また飼い主登録抹消のため死亡届が必要になりますのでくわしくは役所、保健所にお問い合わせ ください。
(2)民間業者に委託する。 ご予算に応じてペットの火葬・ペット供養・ペットのお墓あっせんなど様々なサービスが あります。しかしペットの供養は飼い主の責任ですのでご自身でやるべきです。
(3)公営の斎場を利用する。 ペットの火葬だけする場合は公営の斎場を利用できます。お近くの 斎場にペットの火葬をやっているのかお問い合わせください。
(4)庭や山など土に埋める。 ご自分の所有する庭や山など法的に問題の無い場所に埋めます。 約2m以上深く埋めないと他の動物に掘り起こされてしまう危険があるので注意が必要です。 また公園や他人の所有地に埋めることは不法投棄とみなされますのでやらないでください。 土に帰すという意味では一番これがいいのかもしれません。

何度も申しますが「供養」と「葬り方」は違うものです。魂の供養が一番大切なことです。 このことを再度認識してください。

最後にペットに望むことは?

「天国に行ってほしい。」飼い主であるあなたは最終的に何をお望みですか?亡くなったペットは何をお望みでしょうか? この二つの共通する答えとは「天国に行って成仏すること」ですね。言葉を言い換えれば魂の安泰といえるでしょうか。 魂が行き着くべき霊界に無事に行くことがお互いの最終的な望みだとは思いませんか?
ペットの魂の成仏に必要なことは人間と同じように魂を供養してやることです。供養とは魂の存在の代わりになるようなペットのお墓や仏壇、遺影など にお供え物をして「天国に行ってね」とお祈りすることです。お祈りこそが魂を養い慰め「天国」に送るために一番必要なことなのです。 供養をするときの「祈り」を送る為の対象物がお墓になるわけです。
お墓にはペットの魂は宿ってはいないのです。このような詩があるので紹介します。
  わが墓前にたたずんで、すすり泣くのはやめよ
  私はそこにはいない、私は眠ってはいない
  私は吹き抜けるあまたの風
  私はダイヤモンドのきらめきを放つ粉雪
  私はたわわに実った穀物に注ぐ太陽の光
  私は柔らかに降る秋の雨
  あなたが朝の静けさの中に目覚めるとき
  私は円を描き、天空高くすばやく、ひそやかに舞い上がる鳥
  私は夜空にまたたく星
  わが墓前にたたずんで、涙を流すのはやめよ
  私はそこにはいない、わたしは死んではいない・・・
        ----詠み人知らず
ですから「お墓を購入すること」が本当の意味での供養ではないということを認識してください。 あくまでもお墓はペット供養をするときの「祈り」を送るための対象物であり、飼い主ご自身のペットロス (ペットロス症候群)を慰めるための道具でしかないのです。 これらのことをご確認された上でお墓の必要性を検討してください。

ペットの供養とは

私たち人間も含め生あるものはいつの日か死が訪れます。
これは自然の摂理ですので逃れることは出来ません。ペットも生き物ですので いつかは死んでしまいます。
その時私たち飼い主は死というものを事実として受け入れるしかありません。 パソコンのように電源を切れば死の事実と記憶を消し去るようなことは私たちには出来ません。
その事実はとても悲しく辛くいたたまれないものです。 ペットロス症候群といって心にできる喪失感や無力感が沸き起こってくるのです。

でも亡くなったペットのために心から泣いたり悲しんだり成仏を願う気持ちを抱いてくれるのは あなたやあなたの家族だけなのです。 あなただけがペットの亡骸を葬ってやり供養をしてやることができる唯一の存在なのです。 もしもあなたやあなたの家族が居なくなったらペットは誰からも思い出してもらうことが無くなり 本当の意味で永遠の死を迎えることになります。

先ほども言いましたが供養とは思い出して祈ってやることです。 ペットも思い出してほしいと望んでいるのではないのでしょうか

ペットとあなたがこの世に生まれてきて出会ったこと。それはとてもすばらしいことだったと思いませんか? わたしはそう思います。
ペットには本当にたくさんの”よき思い出”を頂いたはずです。だとしたらそのペットの死を悼み弔ってやり その後のご供養をしっかりすることは何よりも大事なことだとは思いませんか?

供養の形や方法はさまざまです。人それぞれが違った考えがあります。どの方法が正しくてどれが間違いと言う ことは判断が難しいことです。
しかし方法などが違っても一番重要なことはペットとの思い出を心の中にしっかりと持ちペットのことを忘れないことです。
そして「ありがとう」と祈って感謝してやること。これがペットにとっての一番の供養方法なのです。
あなたの心の中に思い出がある限りペットはいつまでもやさしく微笑みなぐさめてくれるでしょう。 そしてあなたの記憶の中で生き続けてくれることでしょう。
ペットロスを軽減するペンダント\4.500はこちらから→

 PICK UP商品!

                                                 
商品写真 商品名 商品ページ
ペットロスケア商品 メモリアルシリンダー
\4,500
納骨ができるメモリアルペンダントです。
室内用ペットのお墓 オールウェイズ ビッグタイプ
\66,000〜
自宅供養ができる室内用ペットのお墓です。
ペットの思い出をいつまでも。ペットメモリアルストーン
\9,800〜
ペットの思い出を石版に彫刻をします。