ペットロスとは

各種メモリアル商品ページへ メモリアルペンダント一覧ページへ ペットのお墓一覧ページへ
          

ペットロスとは。

ペットロスによる心や体の変化と対処法

ペットロス(ペットロス症候群)とはペットを亡くすこと。そしてペットが死んだことによる 心や体の悲しみや苦しみ、喪失感のことをいいます。 ペットロスによって起こる心や体の変化は人間としてすごく当たり前のことなのです。 しかし残念なことにペットロスのことは今の社会ではまだまだ広く認識されておりません。 「たかがペットが死んだくらいで」と人を非難したり、 「自分がおかしくなってしまったのでは?」と自分自身がペットロスという病だということに気づかないで ひとりで悩んでいる方が非常に多いのが現状です。

でも安心してください。「ペットが死んで悲しい。」「ペットが死んでから心の支えが無くなった。」「ペットが死んでから眠れない。」 「ペットが居なくなって寂しくて何も手につかない。」「人の死よりもペットの死のほうがつらい。」「ペットが死んだら何も考えられない。」 そう思うことは人間の抱く感情としてごく普通のことですから。また「ペットの死後体がだるくなった。」「ペットが死んでから体が動かない。」 「ペットが死んでから食事がのどを通らない。」など体調の変化も当たり前のことなのです。 あなたがペットを失った直後またはペットロス症候群であればこのことをはじめに認識する必要があります。もしあなたが愛する大切なものを なくしてしまったらどうでしょうか?人生の中で一緒に過ごしてきた愛する存在のペットを亡くすこと。 気持ちが落ち込んでしまうのは当然ですよね。命のあるものを失う悲しみはなおさらのことです。 ですから「ああペットを失うとこんな気持ちになるんだ。」 「ペットの死は悲しくて当たり前のことなんだ」とまずはご自身で自覚してください。
全員が皆おなじとは限りませんがペットロスによる心理状態や体調の変化、 対処法はおおむね次のように段階的にみうけられます。心身の症状は時には前後したり進んだり戻ったりします。 そして繰り返していくうちに少しずつ心が和らいでいきます。これらペットロス時の心理状態や 体調の変化一般のことをあなたの心境や状態に照らし合わせてみてください。

  第1段階 ショック、罪悪感、現実否定、泣く、

本当なの?突然のペットの死にショックを受け現実のこととして受け入れられなくなります。 ある人は次のように言っています。「ペットの死は私が今まで経験した死別のうちで人の死以上に最もつらい喪失体験でした。」と。 またペットの安楽死を選択された方の場合は「愛するペットの死は自分に責任があるんだ。」と強い罪悪感を持ってしまう場合もあります。 泣いたり胸が苦しくなったり睡眠障害になったりもします。まだ生きているのでは?と思い込みペットを探してみたり 名前を呼んだりして無意識に現実否定をする場合もあります。 ペットロスの第一段階は今まで楽しかったペットとの生活がペットの死により壊滅的な精神的・肉体的なショックと苦痛がもたらされるのです。 そういった感情が強い人ほどペットロスという病気が更に重い症状になってしまうのです。 ペットロスにならないためにもこの第一段階において重要なことはペットの死を現実の事として受け入れることです。 しかし受け入れる事は難しく時間もかかります。とくに死亡原因が事故による 突然死やペットが唯一の自分の家族だった場合は「死」という事実を受け入れられるまでに長い時間が掛かる傾向にあります。 そして現実として受け入れられるまでの時間が長ければ長いほど重度のペットロスになってしまう確率が高くなり 回復にも長い時間を要してしまうのです。
では自分自身がペットの死を現実のこととして受け入れる為にはどうすれば宜しいでしょうか? ペットの死を事実として受け入れる為にはペットの葬儀とご供養をしてあげることです。 亡き骸を弔ってやる事でそれを事実として受け入れることになります。
ペットの葬儀の方法はこちらから→ペットが死んだら?
この第1段階はペットロス症候群という病気になるか、ならないかの分かれ道でもあります。 しかし亡くなってすぐのことなので自覚もできない方が多くいます。 もしあなたのご家族やお友達でペットを亡くされた方がいたら彼らに現実のこととして認識させる為に一緒にペットの葬式をしてやったり 供養をしてやると良いでしょう。 またショックを和らげてあげるには生前の話をしたりして一緒に悲しんだり、泣いたりして共感してあげるといいでしょう。 人は誰でも楽しいことや悲しいことでも共感されると安心するものですから。
ペットロスの癒し方〜気持ちの部分〜はこちらから

  第2段階 深い悲しみ、怒り、食欲不振、孤独感、抑うつ

なぜ?自分自身に問い掛けてひとりでふさぎ込んでしまったり、自身に怒りを覚えたりします。 怒りは時に動物病院の獣医やスタッフに向けられたり家族に矛先が向かう時もあります。 ほかの人と話ができなく食欲も無くなります。また胃が痛くなったり疲れやすいなどの症状が現れるようです。 重度の感情的苦痛や高レベルのストレスは「抑うつ」を引き起こすことになります。 「抑うつ」は「元気が出ない」という軽い症状から情緒的不安定、麻痺状態などの重い症状にまで進んでしまいます。 ペットの死による「抑うつ」は必然的な原因です。「ペットが死んだのは自分のせいだ。」と思い込みが強い人ほど 自分に対しての「怒り」から「抑うつ」になってしまうという悪循環になる可能性が高いので注意が必要です。

このペットロスの第2段階での対処法としては、自分ひとりで解決しようと閉じこもったりせず、 とにかく自分の気持ちを外に出して表現してみることが必要になります。 しかし怒りの場合は怒りの相手当人にではなく、第三者に「私はこんなことで怒っている」と怒りの内容を話してみることです。 怒りは人に話すことで収まりが付くものです。そのように自分の気持ちをだれかに話してみたり、 またノートなどに自分の今の気持ちを書き綴って表現してみることも良い方法でしょう。 とにかく自分の感情を押し殺さないように素直に表現してみることが大切です。

あなたのまわりでペットロスが原因で孤独感を感じている方や食欲不振の方がいたら対処法として一緒に過ごした楽しかった思い出や ペットが家に初めてきたときの昔話などを一緒に食事でもしながら聞いてあげることです。 このときに大事なことは”ながら行為”です。”ながら行為”とは何かをしながら他のことをすることです。 ”ながら行為”によって一方の行動は無意識で行動するので感情を引き出しやすくなるからです。 たとえば”大勢でお酒でも飲みながら歌を歌う。”ことはペットロスの症状である孤独感を薄れさせ 自分の気持ちを歌で無意識に表現させるのに良いことです。ペットロスの方が楽しめる一番好きなことを一緒にしてやる事が 大切です。
ペットロスの癒し方〜行動の部分〜はこちらから

  第3段階 回復期、自責感、さみしさ、虚無感

少しずつ時間の経過と共に気持ちも落ち着いてきます。ペットのいない環境にも慣れ適応してきます。ここまでには時間を要しますがペットロスの深い悲しみからは 立ち直りつつあります。ペットに対して「もっと大切にすればよかった」などと自責感がでてくる場合もありますが肉体的に、精神的にも回復してきます。 しかしこの時期には心にぽっかり穴が空いたような深いさみしさ、虚無感を感じてきます。そしてペットの存在が いかに大きな心のささえであったかを知るようになります。 こころの支えであったペットの存在の代わりになるものや死んだ後の魂の居場所を考えるようになります。 そしてペットのことを思い出という位置付けに置けるように少しずつなってきます。 それと同時に「ペットのために何かしてやりたい。」「天国に行ってほしい。」「きちんと供養してやりたい。」 と自分の不幸や悲しさよりも旅立ったペットのことを大事に思うようになります。

この段階がお墓を作るのには最適な時期になります。人間の場合も同じです。人が亡くなってすぐではなく 四十九日や一周忌など心が落ち着きを取り戻した時期にお墓を建てるのはそのためです。 そもそもお墓とは「死者の遺骸が消滅し、大切な人を失った遺族の衝撃や悲しみを癒すための時間経過を支える装置」と定義されています。 ですからこの時期がペットの場合もお墓をつくるのに一番最適な時期であると言えるのです。 そして購入されたらお墓をペットの居場所として考えることでさらに心が元通り落ち着いて平穏になることでしょう。 そしてお墓をお手元に置いて語り掛けてやったり供養をしてやったりして下さい。 あなたのこころの癒しと同時に亡くなったペットもきっと「ありがとう」と感謝してくれるはずです。
→ペットロス体験者の声はこちらより
以上のようにペットロス第3段階は心の回復の時期でありペットへの想いが強くなる時期です。またペットのお墓を購入されるのにも一番最適な心理状態であるといえます。 ペットのお墓はペットへの思いを形にしたものでありペットの代わりの存在としてあなたの虚無感を癒したり心の支えになることでしょう。 ペットロスの人への対処法としてもこの時期にペットの存在を身近に感じられる思い出の品や お墓を渡してやるとよいでしょう。
→お客様の声はこちらより

 第4段階 正常な生活への復帰、楽しかった思い出をありがとう

時間の経過とともに亡くなったときの悲しさよりも楽しかった思い出が多く浮かんできます。 出会えたことへの喜びや、「ありがとう」という感謝の気持ちが出てきます。自分の人生の中であなたに会えたことで 悲しみや喜び、そして愛を心に刻んでくれたというありがたさを実感してきます。またペットのことは次第に忘 れて普通の生活に戻る時期でもあります。また新しいペットを飼いたいと思いはじめる時でもあります。
第4段階は自分のペットロスという病はほぼ克服できています。しかし亡くなったペットからすると自分のことは忘れないで欲しいものです。 時々でもいいから思い出して欲しいのです。 最近ではペットの死後お骨はペット専用の墓地に埋葬されている方が多くいらっしゃいます。 しかしその多くの人が「なかなか会いくことが出来なくてもっと悲しくなった」と感じたり、「一年に数回しか会いにきてくれない。さみしい」とペットが言っているような気がする。 などと感じています。ペットの葬儀やペット専用の霊園への埋葬など形式だけで済ませてしまうのは飼い主やペットの想いから想像すると 本当は違う気がします。やはりペットに対して本当に「ありがとう」と感謝したいのであれば身近に置きたいのではないでしょうか? お手元における室内用ペットのお墓はそんな悩みを解消してくれます。いつでもペットの存在を近くに感じることが出来ます。 そしてペットに対してありがとうという感謝の気持ちや天国に行って欲しいと願う気持ち、日常のあいさつなど ペットの供養が毎日できるようになります。お互い心が温かく感じられることでしょう。 ペットを家族の一員として考える飼い主であればやはりペットのことは亡くなった後も大切にしたいものです。


 PICK UP商品!

                                                 
商品写真 商品名 商品ページ
ペットロスケア商品 メモリアルシリンダー
\4,500
納骨ができるメモリアルペンダントです。
室内用ペットのお墓 オールウェイズ ビッグタイプ
\66,000〜
自宅供養ができる室内用ペットのお墓です。
ペットの思い出をいつまでも。ペットメモリアルストーン
\9,800〜
ペットの思い出を石版に彫刻をします。